カビの発生を防ぐ布団の取扱いについて

布団は毎日長時間使用し続けることで汗や垢などの汚れが蓄積します。
特に大量の汗が吸収された状態で通気性が低い収納スペースに入れることで湿気が籠り、場合によってはカビが生えてしまうことがあります。
カビが生えた布団は内部まで菌糸が広がり、表面上の汚れを取り除いてもすぐに新しい汚れが浮き出てしまいます。
そのため、日頃から布団の取扱いに気を配り、カビの発生を防ぐことが重要になります。
押し入れなどの収納スペースの使用を避け、定期的に乾燥させて水分を取り除くことが効果的な予防法になります。
また、専門技術を持つクリーニング業者に洗浄と消毒を依頼することで内部に蓄積した汚れを取り除くことができます。
洗浄を行っても汚れを完全に除去できない場合はクッション材の交換を行うことでトラブルを回避することが可能になります。
睡眠の際に必ず使用する寝具なので、丁寧に扱うと共に衛生管理の認識を改めることが清潔な状態を保つための心得になります。

布団にカビが生える原因と予防の心得について

布団は毎日の睡眠に用いる寝具で、長時間人の体に触れることから汗や垢などの汚れが付着しやすい傾向があります。
また、収納スペースは通気性に乏しく湿気が籠りやすい環境なので細菌が繁殖しやすく、カビが生える原因に繋がります。
一度カビが生えた布団は内部のクッション材に菌糸が入り込んでいるので、洗浄や消毒を行っても完全に除去するのが難しい問題があります。
そのため、カビが生えないように日頃の取扱いを見直すことが大切です。
布団に使用されている綿などのクッション材は吸湿性が高く、汗だけではなく空気中の水分も吸い込む特徴があります。
そのため、こまめに乾燥させて水分を抜くことが細菌の繁殖を防ぐための心得です。
屋外で天日干しをすることで日光や風による乾燥を期待できますが、天候や季節によっては実行できない欠点があります。
専用の乾燥機と使い分けることで常に寝具を乾燥させるように努めることが健康的に睡眠を取るための条件です。

Valuable information

最終更新日:2016/4/14

『布団 カビ』 最新ツイート

@sachi5593

生まれてからずっと掛け布団と敷布団でした。そりゃ自分の部屋は畳だったし日本人なら寝床は敷くものでしょ!ってずっと思ってたからです。 しかしついにベッドというものを購入することを決意しました。 一人暮らしを始めて、フローリングに布団を敷くとカビになりやすいということを知りました。

2時間前 - 2017年12月17日


@tansuikabutsu4

ちょっと喉が激痛になってきたので明日 病院行こうかな。寝室に加湿器置くと布団カビるのかな?(毎日干さないダラ奥なんですけども。。)

2時間前 - 2017年12月17日


@kappasanq

キノコが布団の上にいるのはやばい…カビ生える…

2時間前 - 2017年12月17日